« スキー場情報と森のスイーツ&パンフェスタ | メイン | 作品展「華やかなはじまり」開催 »

言葉の画集「吾が心の古里 那須」展、開催中

2014年01月28日

みなさん、こんにちは!ヾ(*´∀`*)ノ゛


本日の那須湯本のお天気
「晴れ→曇り」の予報です。
(最低気温-5℃、最高気温5℃)


1/26(日)
『みちのく古里コンサート』
開催されました。

Microsoft%20Word%20-%20%E3%81%BF%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%81%8F%E5%8F%A4%E9%87%8C%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A02.jpg

場所
サッポロビール 那須森のビール園
↓        ↓

s1399.jpg


すでに
たくさんの人
賑わっておりました♪

s1400.jpg


ソプラノ歌手石井真由美さん
ピアノ塚田由美子さん
オカリナ佐柄香保里さん

s1401.jpg


s1402.jpg

「那須旅情」
昭和の童謡など
心なごむ
懐かしい曲ばかりでした。

優しくて
「ふるさと」の懐かしさ
情景として浮かんでくるような
素敵な演奏ソプラノでした。


そして現在
サッポロビール 那須森のビール園
2Fギャラリー
開催されている
言葉の画集
『吾が心の古里 那須』展

s1404.jpg


s1403.jpg

「みなさんが古里を感じられるように」

古里への思いを形にしようと、
那須高原の暮らし
家族への思いを、

昭和を生きぬいた
藤田和助さん

那須の山々動植物などの絵
言葉を添えた
色紙絵130枚以上展示しています。


s1405.jpg


s1406.jpg


s1407.jpg


s1409.jpg


藤田和助さん
口癖だそうです。
↓      ↓

s1408.jpg

地位もなく
見栄もなく
世のため人のために
生きられたら
どんな悔のない
生涯であろう
私はそうゆう
一生をおくりたい   和助


家族を思った詩
あったのですが、
読んでいる
私まで
涙がこみ上げてくるほど
家族への愛
いっぱい詰まったものでした。


藤田和助さん
独学描かれた
やさしくて
やわらかい

作品の数々
是非、鑑賞して頂きたいと思います。


こちらの作品展
2月23日(日)まで開催しています。

純粋な思い
感じられた時

自分の気持ちにも
明るくあたたかな光
差し込む感覚を覚えます。


私は実際
和助さん
お会いしたことはないけれど

色紙絵作品や、
1つ1つ丁寧に
作品の説明をして下さった
長男の和典さんを通して、

和助さんのお人柄
十分に感じ取ることができました。

素敵な時間でした。(*´艸`*)


穏やかな昼下がりですね。

今日もみなさんにとって
笑顔いっぱいの1日となりますように・・・


篠 﨑

Powered by
Movable Type 3.34