メイン

那須高原のイベント情報 アーカイブ

開山祭のご報告

2012年05月08日

本日行われました、
「開山祭」の動画になります。

また来年、
お待ちしております。

篠﨑


「アースデイ那須2012」のご報告

2012年04月26日

2012年4月22日、北牧小屋グラウンドにて
『アースデイ那須2012』が行われました。

アースデイは地球の日(4月22日)、地球のために行動する日です。

地球に感謝し、美しい地球を守る意識を共有する日です。

那須高原でもこのアースデイに取り組むイベント
『アースデイ那須2012』が開催されました。

会場ではバンブーピラミッドが立てられ、
コンサートや様々な出店、ハモニカ食堂が行われました。

中には、ヨガやエアロビなどエクササイズも行われていました。


『アースデイ那須』は、毎年開催されています。
また来年、是非足を運んでください。

夢バルーンプロジェクトのご報告

2012年04月19日

「那須高原はこんなに楽しい所です!」、
「ぜひ、那須高原に遊びにきてほしい!」など

那須高原からの「元気な想い」を
10,000個の風船に乗せて飛ばしたイベント、

「夢バルーンプロジェクト」
りんどう湖ファミリー牧場にて
先日の4月15日(日)に開催されました。


その模様を配信いたします。

アースデイ那須2012

2012年03月27日

showPhoto.jpg

アースデイ(地球の日・4月22日)は、地球のために行動する日です。
地球に感謝し、美しい地球を守る意識を共有する日です。
1970年から続くアースデイには、大人から子供まで、
国境・民族・信条・政党・宗派を越えて多くの市民が参加し、
世界184の国と地域、約5000ケ所で行われている、
世界最大の環境フェスティバルです。
アースデイは一人ひとり、誰もがリーダー。
世界中すべての人が、共有する意識のもとに自由にアクションを起こす。
それがアースデイです。

アースディ那須は、那須在住・発明家『非電化工房主宰』の藤村靖之氏の呼びかけにより、
那須の自然を愛し地球と平和が大好きなボランティア実行委員会を発足し運営しています。
昨年3月11日の震災及び福島原発事故によって、那須町や那須塩原市も被災地となり、

今後も長く放射能汚染に悩まされ向き合っていかなくてはならなくなりました。
皮肉にもこの悲惨な事故とその影響は、日本中が世界中が、
人間の営みのあり方を考えるきっかけにもなりました。
地球と平和を大事に思うローカルのゆるやかなつながりは、
何世代も先の子供たちに大切な自然と平和な社会を残すためにこれからますます大切だと考えます。
2010年、2011年開催のアースデイ那須は、多くの方々のご協力によって、
那須町にある非電化工房(メイン会場)と那須町や那須塩原市の約30のサテライト会場(アジア学院など)に、
栃木県内や県外の人が集い、愉しみながら地球への感謝と平和の意識を共有することができました。
今年は、4月22日に一カ所一同に集まり、みんなで愉しいアースデイアクションの日としたいと思います。

会場ではアースデイマーケット、アースデイフードコート、アースデイコンサート、各種ワークショップ、シンポジウム、などが行われます。

開催日:4月22日(日)
時間:10:00~16:00
会場:北牧小屋グラウンド
参加料金:無料(会場では募金等を募っております。ご協力お願いします。)
主催者:アースデイ那須実行委員会
連絡先:info@earthday-nasu.org

詳細ホームページはこちら

那須町の伝統芸能、「時庭の神楽」

2012年02月14日

2011年2月24日、那須町時庭地区で『時庭の神楽』が行われました。



『時庭の神楽』は時庭地区の20数軒の家を回ります。この神楽は悪魔払いをはじめ、火伏せ御祈祷、五穀豊穣、無病息災を願う神楽で、平地四方固め、幣束を持った幣束踊り、しゃんぎり踊り、また、ひょっとこ踊りなどで構成されています。
また、この神楽はこの地区で180年も続いて行われていて、町の無形民俗文化財に指定されています。

江戸時代の終わり頃、時庭在住の誰かが伊勢の帰途、宇都宮で有志と相談して買い求め、しばらく愛宕山の堂の内にしまっておいたところ、2月24日、堂の中で夜中に神楽の囃子がなりだし、「ああ、神楽が悲しんでそうするのだ」と村人は思い、また神楽を愛宕山から出して村中を門付して回ったといいます。
毎年2月24日に行われ、構成は前かぶり、後かぶり、太鼓、三味線、かね、笛、(ひょっとこ、歌)を8人で交代しながら各家を廻ります。
神楽は午前9時頃、宿といわれる当番の家から出発し、途中、愛宕山も入れて20数軒の家を回ります。各家で15分ほどの踊りと酒等のおもてなしをうけながら、最後に元の宿に戻って来て踊ります。
踊りでは獅子が家人の頭を噛んで無病息災を願うのだそうです。
全て回り終わるのに夜中まで掛かるそうです。宿となる家は毎年、順番で巡ります。

『時庭の神楽』は社会人~35歳までの長男で踊り手となる青年部(8名)と青年部を抜けた16名で保存会が構成され、時庭地区で伝承されています。
このような伝統芸能は今後も受け継がれていって欲しいと願います。
※ 見学可能です。
※ 2011年2月24日 那須観光協会地域バックアップ委員会が取材しました。







より大きな地図で
「時庭の神楽」関連マップ を表示


半俵の寒念仏

2011年12月28日

2012年1月6日に半俵公民館で『半俵の寒念仏』が行われます。
『半俵の寒念仏』は義経が兄頼朝の追討を逃れて奥州へ下る際に阿久戸の岩穴で一夜を明かした縁からその霊を弔うために行われるようになったといわれ、栃木県指定無形民俗文化財にも指定されています。

日時:2012年1月6日(寒の入り) 13:00~
場所:半俵公民館
詳細マップ

この模様をまとめたもの(映像付)がこちらにあります。
是非、見に行ってみて下さい。

つながるひろがるアート展Nasuのレポート

2011年11月26日

2011年11月3日~27日まで那須の10施設にて『つながるひろがるアート展Nasu』が開催されています。
その10施設全てを回ってきました。

『つながるひろがるアート展Nasu』は障がいを持つ作家達の作品を那須エリアの施設で展示し、新たな発表の場を提供するアート展です。
彼らは特異な才能を発揮し、作家それぞでに独特のものがあり、その作品の中には目を見張るものがあります。
またスランプラリーもあり、10施設のうち8施設のスタンプを集めると(引換え場所はギャラリーバーン)先着30名様に作家から素敵なプレゼントが貰えます。

『つながるひろがるアート展Nasu』は今年は11月27日まで開催されています。
場所は1988CAFE SHOZO、foo.foo CAFE and GELATO、ギャラリーバーン、アートビオトープ那須、キャンドルハウス シュシュ、那須高原の宿 山水閣、ホテルエピナール那須、ホテル
・フロラシオン那須、那須どうぶつ王国、森林の牧場那須の10施設。

毎年開催されています。是非、行ってみて下さい。

つながるひろがるアート展Nasu

2011年11月01日

tsunagaruhirogaruart.jpg

『つながるひろがるアート展Nasu』は障がいを持つ作家達の作品を那須エリアの施設で展示し、
新たな発表の場を提供するアート展です。

地元や観光客の皆様に、心の赴くまま描かれたアートの素晴らしさを知っていただき、また作家を
支援して「心にゆとりと希望のあるまち・那須」を全国へ発信したいと3年前より開催して参りました。

本年は、社会福祉法人慈生会「マ・メゾン光星」のご協力により同施設15名の作家に加え、
2008年度栃木県芸術祭美術展準大賞受賞の清野ミナさん、新たな大作に取り組んでいる
平山和詩さんの17名・104点の作品を10会場で展示いたします。

また作家の新たな一面を見て頂こうと、スケッチブックや陶芸作品などの展示も交えています。
またアート展会場を巡る「スタンプラリー」も開催します。

所定数のスタンプを集めた方にはアート展限定のプレゼントを進呈いたします。
晩秋の那須を巡りながら、それぞれの会場の趣向とアート鑑賞、スタンプラリーをお楽しみ下さい。

開催日:11月3日~27日
時間:会場によって開催時間が異なります。直接会場へお問い合わせ下さい。

会場
1988 CAFE SHOZO、ギャラリーバーン、キャンドルハウスシュシュ、森林の牧場 那須、那須どうぶつ王国、アート・ビオトープ那須、那須高原の宿 山水閣、ホテルエピナール那須 ホテル フロラシオン那須、foo.foo CAFE and GELATO

参加料金:無料 ※那須どうぶつ王国では別途入国料が掛かります。
主催者:つながるひろがるアート展Nasu実行委員会
連絡先:0287-68-1031(戸田商会)
詳細ホームページ

大日向マルシェのレポート

2011年10月17日

%E5%A4%A7%E6%97%A5%E5%90%91%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A73.jpg2011年10月1日、那須大日向地区、ガーデンハウスSARAさん、斜め向かいの林の中で『大日向マルシェ』が行われました。地域の無農薬・無化学肥料で育てられた、季節の農産物が揃うマルシェです。

手作りアクセサリーやパン・コーヒー、無農薬野菜、コーヒー豆やネパールカレーなど、様々なお店が出ておりました。

当日は風がちょっとあり、お店の人も大変でしたが元気に出店していました。

マルシェは10月29日、11月5日、19日(全て土曜日)にも開催が予定されています。

皆様お誘いの上、是非、お出かけ下さい!


大日向マルシェ

2011年09月10日

地域の無農薬・無化学肥料で育てられた、季節の農産物が揃うマルシェです。

新鮮、採りたての野菜や搾りたての牛乳。そして、地元のおいしい食材を中心に
非遺伝子組み換えの材料を用い、化学合成添加物は使わず、できるだけオーガ
ニックのものを使用する手作りのパンやお菓子なども並びます。フェアトレードの
商品の紹介や販売も実施します。

マルシェに出かける週末は楽しいものです。

%E5%A4%A7%E6%97%A5%E5%90%91%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A72.jpg

椅子に座ってちょっと休憩。
友達が仲間を連れてやってきます。

コーヒーの薫りがして、買ったばかりのおいしいパンに新鮮サラダを
挟んでみたらどうでしょう。

美味しいものを見つけたら、夕御飯のたのしみも持ち帰ります。

さぁマルシェに出かけてみませんか!


開催日:9月17日、10月1日、15日、29日、11月5日、19日
時間:朝9:00~12:30
会場:ガーデンハウスSARAさん、斜め向かいの林の中
参加料金:入場無料

主催者:ローカル×ビオ×マルシェ
連絡先:080-5457-2539(コヤマ)
詳細ホームページはこちらです

大谷フロンティアマーケットのレポート

2011年08月11日

OyaFes2.jpg2011年7月24日、那須大谷(おおや)地区で『大谷フロンティアマーケット』が行われました。那須町大谷地区は歴史ある入植地で牧畜を中心に開拓した方の集落です。

3年ほど前から地域イベントとして行なっています。「那須町に元気」をということもあり、これからも不定期に開催する予定です。

なお、8月13日、28日にも開催が予定されています。
※今後も毎月第2・4日曜日にて継続予定(都合により日程変更有り)です。

皆様お誘いの上、是非、お出かけ下さい!


大谷フロンティアマーケットの日程が変更になりました。

2011年08月07日

8月7日に行われる予定でしたが、8月13日に変更となりました。
なお、8月21日の開催につきましても、変更があるかもしれませんので変更になった場合にはお知らせいたします。

また、大谷フロンティアマーケットの詳細につきましては、7月7日の記事をご覧下さい。
http://www.nasukogen.org/blog/2011/07/post_109.html

Nasuガレージセールめぐり2011のレポート

2011年07月25日

%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB3.jpg2011年7月3日、那須高原の各地で『Nasuガレージセールめぐり2011』が行われました。2005年から始まった当イベントも今回で9回目を数え、最初は10軒も満たない参加店舗だったのが、今では40軒(20数箇所)もの参加店舗に膨れ上がりました。

今回はその中で幾つかの店舗に回って見ました。

ガラス小物、布小物、手作り小物、雑貨、手づくり石鹸、クッキー、パン、子供服、自家製ジャム、中古家具、古着などなど、お店によって様々な商品が並んでおりました。また、お店によっては食事や軽いお茶なども出来、ゆっくりと寛ぐこともできます。

40軒もの店舗は1日では回りきれず、2~3日、いや1週間掛けて回りたい、そんなイベントでした。

また来年、今度はまだ行ったことのないお店を巡ってみたいです。


大谷フロンティアマーケット

2011年07月07日

那須大谷(おおや)地区は観光で有名な那須高原から車で15分ほど。
酪農、農業を中心とした生活があり、のどかな景色が広がります。

地区に祭られる白山神社には石碑「拓根」があり、母村山形県大谷村から
当地での入植を決意した同士の歴史が刻まれています。

先人の開拓者精神を引き継ぎ、フロンティア・マーケットが開催されます。
主な出展物、新鮮野菜、牛乳、ソフトクリーム、チーズ、飲食物、コーヒー、
インドカレー、川魚塩焼き、クッキー、バターじゃが、焼きそば、手芸品、
彫金、陶器など。

大谷フロンティアマーケット


開催日: 7月10日、24日、8月7日8月13日、21日(変更の可能性あり)
時間: 9:00~15:00
場所:那須大谷交差点近くの広場(大谷保育園前)
料金:入場無料
主催:那須大谷開拓農業共同組合
連絡先:0287-77-0653

詳細ホームページ
http://sora-coffee.info/ooya/index.html

地竹祭りのレポート

2011年07月04日

平成18年より「湯の神の祭り」から形を変え、1年を通して元湯・大町地区の情緒あふれる風景や温泉、そこに暮らす人々の人情をイベントを通してふれてもらい、また違った顔の那須の魅力を住民はもとよりお越しになったお客様にも楽しんでもらうことを目的にはじめられました。

その中の一つ「地竹まつり」は平成21年より初めて開催し今年3回目を迎えました。

5月から6月上旬の那須の山の幸「地竹」(ネマガリタケ)は、那須のお宿では味噌汁や蒸し焼きなどで一部親しまれてきましたが、宿の主人が自前で採ってきますので量はたかがしれています。旬の季節でも毎日出せるとは限りません。

「ただ貴重でおいしい地竹をみなさんに食べて喜んでいただく」こんな単純な発想から出発しました。

毎年約300食を用意するのに、民宿の旦那衆が3日間山に入って200kgの地竹を用意します。「地竹まつり」当日は、目の前で焼いてみせたり、天ぷらにしたり、味噌汁、煮物と無料でふるまいます。

開催日は大体毎年6月の第一日曜日。主催は鹿の湯通り活性化協議会。
民宿をはじめ地元の住人で構成され、現在会員は17名です。

※秋には『いも煮会』も予定されています。

半俵の寒念仏

2011年06月25日

2011年1月6日、半俵公民館で「半俵の寒念仏」が行われました。

「半俵の寒念仏」は義経が兄頼朝の追討を逃れて奥州へ下る際に阿久戸の岩穴で一夜を明かした縁からその霊を弔うために行われるようになったといわれ、栃木県指定無形民俗文化財にも指定されています。
阿久戸の岩穴
                     画像は「阿久戸の岩穴」

寒の入りと土用の丑、年2回行われ、構成は念仏、笛、なりふり、鉦叩き、太鼓、六地蔵、各2人ずつで六地蔵は6人ですが、今日は公民館で行われ狭いため、六地蔵を置かないで行われました。

1通りの踊りを庭と言い、寒の入り(今日)は3庭、土用の丑には2庭踊ります。

33年に一度の大供養祭は屋外で行われ、次回は2041年に行われます。

「半俵の寒念仏」は上半俵、下半俵、蕪中、阿久戸の一族(37名)で受け継がれていて、またこのような歌の念仏は全国的にも珍しく、他には無いそうです。

それだけにこの「半俵の寒念仏」は価値があり、今後も受け継がれていって欲しいと願っています。





より大きな地図で 「半俵の寒念仏」関連マップ を表示



※寒の入り(1月)と土用の丑(7月)、年2回行われます。
※本年(2011年)土用の丑は7月20日、1庭目を阿久戸の岩穴の前で踊ります。2庭目を公民館前で踊ります。
※見学可能です。
※なお、駐車場が狭くなっております。
※詳細は那須観光協会(0287-76-2619)までお問い合わせください。

Nasuガレージセールめぐり2011

2011年06月20日

ガレージセール
2011年7月3日の日曜日にガレージセールめぐりがあります。
数軒のお店やペンション・自宅の庭などでお店を開いてます。
どなたかに使っていただきたいもの、おいしいもの、
つくったもの、一緒に作るもの、お店によっていろいろあります。

普段と同じ日曜日、仕事をしながら、ケーキを焼きながら、本を読みながら 、
音楽を聴きながら…
すきなことをたのしみながらおりますのでどうぞ遊びにいらして下さい。

日時:7月3日(日)
場所:Garden Hause SARA他20数箇所

※詳細はマップをご覧下さい。

料金:無料
主催:Garden Hause SARA他各店舗
連絡先:Garden Hause SARA 0287-62-2868

ホームページはこちら
詳細マップはこちらです

那須温泉元湯チャレンジカップ第12弾『地竹祭り』

2011年05月28日

那須湯本鹿の湯通りにて、地竹祭りが行われます。参加無料。
地竹(ネマガリタケ)を炭火で炙ったり、茹でたり、味噌煮にしたり、
この季節にしか食べられない山のご馳走を是非、食べに行ってみて下さい。

日時:6月5日(日)、11:00~13:00
場所:元湯民宿街(鹿の湯通り) 長寿館

料金:無料(売切れ御免)

主催:鹿の湯通り活性化協議会
連絡先:事務局(会計)篠原 0287-76-3633

※駐車場ございませんので、観光案内所前 無料県営駐車場および
 殺生石駐車場をご 利用ください。

那須茶臼岳 開山祭

2010年05月08日

那須茶臼岳は、今日から「夏山」です。
昨日までは「冬山」でした。

本日午前8時30分に那須ロープウェイ山麓駅へ集合。
総参加者約500名。ところが、集合したものの、山頂付近が
強風のためにロープウェイが動いたのは午前9時20分程度。

運行開始当初は、山頂での神事をロープウェイ山頂駅付近で行う
ことに変更した程のコンディションでした。

01.jpg

その様な流れの中、ご参加下さった皆様の願いが叶えられたのか、
参加者全員が到着した頃には快晴無風。神事は山頂で行うこととなり、
法螺貝やアルプホルンの音色と共に山頂へ。

02.jpg

途中から再び風が強まりましたが、今シーズンの山の安全を祈願する
神事は、無事に執り行われました。

03.jpg

今日から「夏山」とは言っても、まだまだ雪は残っています。
登山する際には十分ご注意下さい。

04.jpg

御神火祭実行委員会

2010年01月27日

平成22年5月22日(土)に「御神火祭」が開催されます。
本日は開催に向けて第1回実行委員会を行いました。

「御神火祭」とは・・・
九尾狐の伝説の地「殺生石」で行われる太鼓と御神火の炎が織りなす幻想的な火祭りです。
昨年は白面金毛九尾狐太鼓、松明行列、語り部、狐の嫁入り、狐のフェイスペイント等
様々なイベントが行われました。

今年の「御神火祭」の情報はホームページでお知らせしていく予定です。

%E5%BE%A1%E7%A5%9E%E7%81%AB%E7%A5%AD.jpg

六本木ヒルズ

2010年01月25日

DSC02520.jpg
1月23日(土)に「やすらぎの栃木路」フェアin六本木ヒルズが開催されました。
那須高原の観光物産をPRしてきました。

2007りんどう植栽

2007年05月18日

りんどう植栽 りんどうの苗

那須温泉ファミリースキー場でりんどうの植栽が行われました!
今年は地元の那須高等学校のリゾート観光科の生徒36名も参加しました!


りんどう植栽 りんどうの苗

毎年は那須観光協会、那須町商工会、森林組合、JAなすのと経済四団体協同でりんどうの植栽を行いました。
高校生の協力もあって、約7,000本の苗を植えることができました!

那須岳「開山祭」 -2007/05/08(火) 10:00「茶臼岳」-

2007年05月08日

開山祭 開山祭神事

2007年5月8日(火)那須岳「開山祭」が行われました。
当日は天気も良く、風も比較的穏やかで、約300名の参加がありました。
所々、特に山の北側では残雪も見られました。

Powered by
Movable Type 3.34