ROYAL RESORT NASU 一般社団法人 那須町観光協会 オフィシャルサイト 那須町観光ガイド

メニュー

那須の魅力

那須高原(那須町)は、東京から約180kmの距離、東京と仙台のほぼ中間に位置する観光と農林業の町です。北西部には雄大な那須連山の主峰・茶臼岳(1,915m)がそびえ、山麓地帯には舒明2年(西暦630年)開湯の歴史ある那須温泉郷、多くの宿泊施設や別荘地、殺生石などの史跡やテーマパーク、さらには皇室の方が静養する御用邸があることから「ロイヤルリゾート那須」として知られています。また、裾野には広大な酪農地帯、南東部には八溝の山並みに抱かれた里山の農村風景が、松尾芭蕉や義経伝説に代表される様々な史跡と共に広がっています。

那須火山脈は、新生代の第四紀(約180万年前)の洪積世に始まったとされています。那須連山の主峰である茶臼岳は約三万年前に火山活動を開始し、数度の大噴火により火口を含む山頂付近は火山岩に覆われ、今なお盛んに噴煙を上げています。

那須の「春・夏・秋・冬」の魅力を動画でご紹介。また、マップに撮影場所をポイントしています。ご参考頂き、ぜひたくさんの方に現地に足をお運び頂ければ幸いです。

自然・名所/旧跡

  • 中大倉山ゴヨウツツジ群落

    中大倉山一帯は、国内最大のゴヨウツツジの群落とされています。

  • 駒止の滝

    幅約2m・高さ約20m。余笹川の断崖を落ちるもので、「那須第一の滝」と言われています。

  • 弁天吊橋

    橋長65m。50mを超える吊り橋としては栃木県で最も標高が高い位置(1,200m)に掛けられています。また、紅葉の時期には絶好のビューポイントとして人気があります。

  • 恋人の聖地 那須高原/展望台

    平成22年6月1日の第18回「恋人の聖地」選定委員会において、「那須高原展望台」が正式に第100番目の「恋人の聖地」として認定されました。

  • 八幡ツツジ群落

    環境省指定「かおり風景百選」の一つ。認定名称は「那須八幡のツツジ」。23haに20万本。文字通り圧倒的なツツジ群落です。

  • つつじ吊橋

    八幡自然研究路に掛けられた吊り橋。 橋長130m、高さ38m。ツツジ以外の季節でも四季折々の那須連山の絶景を一望できます。

  • 殺生石

    ※栃木県指定文化財※
    九尾の狐伝説にまつわる、那須を代表する史跡の一つです。

  • 教伝地蔵尊/千体地蔵尊

    その昔、白河の五箇村に蓮華寺という寺があり、そこに教伝という生来の不良僧がいました。

  • 那須温泉神社

    舒明2年(西暦630年)創立。
    狩野三郎行広という狩人が仔牛程の白鹿を射損じ追い続けたところ、矢傷を受けた鹿が温泉の湧き口に浸かっているのを発見しました。行広はこのことを神の導きと思い、温泉神社を創立したと伝えられています。

  • 喰初寺

    文政年間、黒羽藩の姫が、食事ができなくなる病気にかかったときに、この寺に祈願して治ったことから喰初寺と呼ばれるといわれる。今ではこどものお食い初めを祝う寺として親しまれている。

  • 遊行柳

    ※那須町指定文化財※
    地元では「遊行柳(ゆぎょうやなぎ)」、稀に「遊行の柳」と呼ぶこともあります。諸文献によると、「道の辺の柳」「清水流るるの柳」「朽木の柳」「枯れ木の柳」等とも記されています。

  • 芦野城址

    別名「御殿山」とも「桜ヶ城址」とも呼ばれる、芦野の町並みを見下ろす丘陵上にある城址です。

  • 堂の下の岩観音

    ※那須町指定文化財※
    桜の季節にはライトアップがなされ、水田に写る夜桜と観音堂の赤い屋根が、幻想的な雰囲気を醸し出します。

  • 簑沢彼岸花群生地

    平成20年に「那須ブランド/簑沢彼岸花公園」として認定されました。 「義経伝説のみち」沿いにあり、かつ「とちぎのふるさと田園風景百選」にも認定されております。

  • 三森家住宅

    ※国指定重要文化財※
    三森家のある伊王野の下平は、中世以降の関街道が通っていたところです。

  • 伊王野城址

    ※栃木県指定文化財・那須町指定文化財※
    伊王野城は霞ヶ城とも呼ばれ、地元では城山と称される本格的な山城です。

  • 沼ッ原湿原(那須塩原市)

    那須連山の日の出平(1,786m)と南端白笠山(1,719m)、その西にある西ボッチ(1,410m)との間にある標高1,230m、東西250m,南北500mの亜高山の湿原です。
    道の駅友愛の森から車で約35分。

  • 乙女の滝(那須塩原市)

    白笹山から流れる清流、沢名川にある落差約10mの美しい滝。
    名前の由来は、美少女がここで髪を洗っていたからだとも、滝自体が乙女の姿をしているからだともいわれています。
    道の駅友愛の森から車で約25分。

フォトギャラリー

※写真をクリックすると拡大表示します。

那須連山

ツツジ

那須温泉神社

殺生石・教伝地蔵

その他